第一回浅田ますみ県政報告会、平成19年浅田ますみ後援会忘年会報告
12月10日(月)長崎市宝町ベストウエスタンプレミアホテル3Fホール(元プリンスホテル)にて初めての試みとして、第一部、第1回県政報告会をスライドを映しながら解説し、これまでの活動について30分という短い時間でしたが、報告を致しました。忘年会においでいただいたのに、県政報告会をすることにためらいもありましたが、本当にたくさんの方々にご出席賜り、アンケートまでお願いして申し訳なく感謝にたえません。
 その後、第二部として忘年会を開催いたしました。松尾会長の主催者代表のあいさつの後、県議会創爽会の代表の末次清一県議、そして市議会開会中でしたのに、ますみ本人もびっくりしておりましたが、田上長崎市長が、激動におこしいただき、会場の皆様も驚くハプニングがありました。浅田ますみの御礼の後、今年は4年間の苦労した後援会の仲間の方々のご懇意で樽も用意されていまして、田上市長、松尾後援会会長、西本五美会会長、長崎はってん会岩崎顧問、長崎ソフトボール協会船津会長、青年代表となる青年協会の安野副会長に、浅田ますみを囲んで樽を開いて頂きました。350余名の方々の賑わいの中で乾杯の音頭を学校法人岩永学園こころ医療福祉専門学校校長、原宮之様(元国見教育長、県体育保健課長、元県立南高校校長)にしていただきました。会場内でますみも、たくさんの激励と励ましの言葉を頂き、県議としての責任の重さを少しずつかみしめておりました。
 ビンゴゲームで心ばかりの福引をやり、楽しい忘年会も長崎県生麺協同組合勝本博文理事長の万歳三唱の音頭で閉めて頂き閉会と致しました。この会の進行司会を努めて頂きました長崎はってん会永尾聖司事務局長には心より感謝を申し上げます。
 この4年間のご苦労をかけた皆様に私共夫婦、娘、息子も唯々感謝の言葉しかございません。これからは娘ますみが謙虚にして、明るく、若さ一杯に行動してもらえればと願っております。どうぞしっかりご指導下さいますようよろしくお願い申し上げ、ご出席いただいたみなさまに厚く厚く御礼を申し上げます。